津川祥吾ウェブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 津川しょうごNews2009年3月5日号

<<   作成日時 : 2009/03/05 23:12   >>

トラックバック 0 / コメント 0

小沢代表の公設第一秘書逮捕
〜政治とカネの問題〜
正確な情報公開がされていたかどうか

 先日3月3日、民主党小沢代表の公設第一秘書を務める大久保秘書が、東京地検特捜部に政治資金規正法違反の疑いで逮捕されました。私の所属する政党の代表の第一秘書であり、民主党に政治浄化と政治改革を期待していただいていた皆様には、大変なご心配をおかけし、心よりお詫び申し上げます。

 地検特捜部は、準大手ゼネコンの「西松建設」が不正に蓄えた裏金を元に、二つの政治団体を通して小沢代表側にトンネル献金したものとみて、小沢代表の資金管理団体である「陸山会」を家宅捜索。小沢代表側が西松建設の名前を隠す為に、意図的に偽装したものであるか否かが第一の争点となります。今後地検特捜部の真の狙いが別に明らかになってきた場合はわかりませんが、今日(5日)現在明らかになっている事実に基づいて言えば、二つの政治団体からの献金は、その他の収入及び支出と共に全て公開されており、違法性は認められません。似たような事件で、ここ数年何人かの議員が多額の献金を収支報告書に記載していなかった事件が続いておりましたが、それらの議員と比べても小沢代表ははるかに適正に収支を報告してきたといえます。政治とカネの問題のポイントは「透明性」ですから、意図的か否かは別にしても正確な記載すらしない議員がいる中で、情報公開を旨としてきた小沢代表の秘書がいきなり逮捕された事には不自然さを感じます。

国民の視点から見てどうか
 しかし、法律的には全く問題がなかったとしても、国民の視点から見て問題がないかどうか。現在の法規制のあり方そのものも含め、政治とカネの問題を冷静に考えた場合、より厳しい法規制をかけることが求められるのではないでしょうか。2,500万円もの献金を全く素性のわからない団体から受け取るということ自体、普通の国民の感覚からすれば理解できない事でしょう。政治家への個人献金という仕組みが定着していない現在、いくら位が適正な金額であるかは判断しにくい事ではあります。しかし、多額の献金を限られた人から受け取るのではなく、少額の献金を多数の人から受け取る方が、より望ましい形であると言えるのではないでしょうか。

 また、政党助成法が成立し、国民一人当たり250円の税金を政党に交付する政党交付金制度が実行されています。これは企業・団体献金を制限するかわりに設けられたものでもあり、その流れからいっても、企業・団体献金はさらに規制されて然るべきです。

 今回の小沢代表の案件についても、現行法上は問題がなかったとしても、政治とカネの適正な関係を探っていく上で問題があるならば、やはり改善していかなければなりません。その場合でも、大前提となるのは「透明性」です。国民の政治不信の根底には、「政治家は都合の悪い事を隠そうとする」という不信感があるのではないでしょうか。おそらく、この不信感を払拭しない限りどんなに法規制を強化しても政治とカネの問題は解決しそうにありません。私自身、普通の感覚を忘れることなく今まで以上に透明性を高める努力を続けてまいりますので、皆様の「普通の感覚」からみても信用できるかどうか、これからも厳しいご指摘をお願いいたします。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

津川しょうごNews2009年3月5日号 津川祥吾ウェブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる