津川祥吾ウェブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 津川しょうごNews2009年4月5日号

<<   作成日時 : 2009/04/06 23:51   >>

トラックバック 0 / コメント 0

「ねんきん定期便」が発送されます
〜ご面倒でも充分な確認と確実な保管を〜


 今月3日より、社会保険庁から全ての年金加入者へ送られる、「ねんきん定期便」の発送が始まりました。この「ねんきん定期便」は毎年、年金加入者の誕生月に発送される予定で、年金への合計加入期間だけでなく厚生年金保険料の基準となる標準報酬月額や納付状況、国民年金の保険料納付状況などが記載され、さらに年金受給額の見込み額なども記載されているはずです。ここのところ、年金関連の報道が目立たなくなってきていますが、大変重要な書類ですので、必ずご確認いただきますようお願いします。

「ねんきん特別便」とお間違いなく!
 「ねんきん定期便」と言えば、どこかで聞いたことがあるような気がする方も多いかと思いますが、実は「ねんきん特別便」と混同されている方も少なくないのではないでしょうか。大変紛らわしいのですが、昨年までに皆様方のご自宅に郵送された「ねんきん特別便」は、これから発送される「ねんきん定期便」とは全く別のものです。「〜特別便」は、宙に浮いた年金記録の持ち主を探すために送られたもので、年金加入記録に記載漏れや誤りがないかを確認していただくことが目的だったため、内容も割合簡素なものでした。因みに「漏れ」や「間違い」の有無に関わらず、念のため必ず回答することになっておりますので、まだ回答をされていない方は、お急ぎご回答ください。また、「〜特別便」を紛失してしまった方は、再発行もしてもらえますので、『ねんきん特別便専用ダイヤル:0570−058−555』までお問い合わせください。

 一方で、今後送られてくる予定の「〜定期便」は、年金加入期間や加入履歴のほかに、厚生年金の全加入期間の、月毎の標準報酬月額・賞与額・保険料納付額も記載されていますので、犯罪的行為である標準報酬月額の改竄などがなされていないかどうかを確認することが出来ます。また、既に年金を受給されている方を除き、将来受給できる年金見込額も記載されていますので、是非ご確認ください。

注意のポイント
 「定期便」は、今年度に限っては全加入者の以前からのデータが全て送られてきますが、来年度からは、節目の年齢(35歳、45歳、58歳)の方のみ同様のデータが送付され、それ以外の年齢の方には直近一年分のみのデータだけが送られてくることになっています。ですから、今回送られてくる「定期便」は、必ず大切に保管していただくようお願いします。また、社会保険庁にあるデータと現住所が異なる場合は「定期便」は送られてきません。社会保険庁によりますと、自分で市役所の国民年金担当窓口や勤め先の会社などへ申し出なさい、とのことですので、お手数ですがよろしくお願いします。

 元はといえば、社会保険庁の余りに杜撰な仕事ぶりがこのような混乱を作った根本であり、釈然としない思いを禁じえませんが、当然、厚生労働大臣の謝罪文も同封されていることと思いますので、そちらもご確認ください。年金制度の信頼性を回復することは容易ではありませんが、歴代社会保険庁長官や厚生労働大臣を批判しているだけでは問題は解決しませんし、また、諦めるわけにもいきません。これからも政府に対する責任追及と平行して、私達民主党も信頼できる年金制度再構築に努力してまいります。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

津川しょうごNews2009年4月5日号 津川祥吾ウェブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる