津川祥吾ウェブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 津川しょうごNews2012年8月20日号

<<   作成日時 : 2012/08/20 23:23   >>

トラックバック 0 / コメント 0

終戦から67年
〜鎮魂と復興〜

 今年も8月15日の終戦の日を迎え、各地で追悼式典が開催されました。私も、先の戦争で犠牲となられた全ての方々に哀悼の誠をささげ、不戦の誓いを新たにしたところです。戦地で亡くなった方はもとより、東京大空襲、広島、長崎を始め、全国の空襲で亡くなった方々、そして終戦後にも樺太や千島列島、満洲や南方で亡くなられた方々…。更には、先の戦争に限らず、世界各地で戦禍に倒れた人々の苦しみや無念を思い、現職の政治家として、世界平和の実現に向け努力することを改めて心に誓いました。

 私は昭和47年生まれですから、戦前・戦中はもちろん終戦後の混乱期も知りません。ここ数年、意識して当時をご存じの方々にお話を伺うようにしており、若輩者の私にとっては大変な示唆を頂いています。日本の歴史教育において明治〜終戦までの近代史教育が不十分であることはよく指摘されますが、終戦直後についてもまた同様だと感じます。その後の復興や経済発展は世界史上も奇跡といわれますが、終戦から本格復興に至る混乱期も日本の歴史上とても重要な意味を持つはずです。

 いま、東日本大震災からの復興を現場で担当する私には、終戦直後の日本国内がどの様に混乱し国民が何を考えていたか、当時を知る方々から伺うお話は、以前よりはるかにリアルに実感出来ます。当時、目の前で亡くなった多くの方々への鎮魂を胸に復興を進めた方の思いは、今の私自身と重なります。既に80歳を優に超えた方々が多く、直接お話しを聞かせて頂く機会も限られてきましたが、次の世代に平和な社会を渡していくためにも、出来る限りお話を伺っていきたいと考えています。

尖閣諸島への活動家不法上陸について
〜竹島等の領土問題とは区別すべき〜

 8月12日、中国の活動家数名が尖閣諸島への上陸を宣言し香港を出港。海上保安庁による警告を無視して日本の領海に侵入し、強引に魚釣島に上陸。不法入国の疑いで逮捕され、中国に強制送還されました。折しも、韓国が不法占拠している島根県の竹島に韓国大統領が上陸して大問題となり、多くの国民の皆様も領土問題に関心を寄せていた時期だったこともあり、尖閣に中国人活動家が上陸したことも竹島と同様の問題であるかのように受け取られている方もいるかもしれません。しかし、二つの案件は全く性質の違うものですので、区別してご理解をして頂きたいと思います。

 竹島も尖閣諸島も、歴史的にも国際法上も日本の固有の領土であり、確かにその点は共通しています。しかし、竹島が韓国に不法占拠され日本の支配が有効に及んでいないという領土問題があることに対して、尖閣諸島は全く問題なく日本が有効に支配しており、領土問題は存在していません。いずれも本土から離れたところにある遠隔離島であり、一般の皆さんには目が届かない遠くの島です。そのため、どちらの島も外国に脅かされているように感じる方もいらっしゃるとは思いますが、尖閣諸島周辺は実際には海上保安庁が普通に警備をしております。

 また、竹島が北方領土などと同様に終戦当時からの領土問題であるのに比べ、尖閣諸島については最近中国が勝手な主張をしだしたものであり、問題の程度が全く違います。今回の中国人活動家の尖閣上陸は、尖閣諸島が領土問題になっているかのように騒ぎ立てることが目的だそうですが、いくら騒いだところで問題は不法入国であり領土問題ではありません。当該容疑者は再度上陸することを公言しているようですが、仮にもう一度強引に不法入国を図ろうとするなら、それは再犯ですからこちらとしても今回とは異なる対応が必要になるかもしれません。大変迷惑な行為ではありますが、何度来ようが海上保安庁がしっかりと対応しますので、あたかも領土問題があるかのような誤解はなさらないようお願いします。

 しかし、かなり無理筋ではありますが中国側が領土問題化しようとしていることは確かです。仮に実際には領土問題とならなくても、外交問題化することで外交交渉のカードとしようとする戦術ではないかとの指摘もあります。これについては、これまで日本政府が海洋権益の重要性を軽視し、国際社会に対して必要な主張をしてこなかった脇の甘さも遠因にあることは否定できません。現在は必要な主張をするようになっていますが、外交は交渉事であり自国の主張さえすれば良いというものでもありません。ただ、領土問題に関しては、国際社会に対して明確に立場を表明し、理不尽な要求には冷静かつ毅然と対処することが大事です。

 一方で、尖閣周辺の警備を強化することも重要です。従来、海上保安庁の予算は抑制的で推移していましたが、政権交代以降、予算を増額し装備の充実を進めており、来年度についても必要予算を確保していきたいと考えています。また私自身、来月にも石垣海上保安部に行き、現場の保安官を激励して来ようと思っています。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

津川しょうごNews2012年8月20日号 津川祥吾ウェブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる